気象庁物語 天気予報から地震・津波・火山まで

BK-22282

気象庁物語 天気予報から地震・津波・火山まで

(BK-22282)

古川武彦 著 新書判 192ページ
1875年、虎ノ門の高台に誕生した東京気象台は、戦争や災害のたびに技術革新を行い、現在の気象庁へと成長した。日露戦争の命運を決する「天気晴朗ナルモ波高カルベシ」の電報、太平洋戦争期に軍部と争った気象観測の主導権、青函連絡船洞爺丸を襲った台風、富士山レーダーの建設とアメダスの導入、そして昨今の異常気象――。技術者たちで構成され、科学の進歩とともに歩んできた「戦う技術官庁」の足跡を辿る。

在庫状態 : 在庫有り
¥800(税込)
数量