半角スペースで絞込み可

 気象/気候学・専門書
 地震/火山・専門書
 航空気象/海洋気象・専門書
 気象予報士試験対策
 数学/気象/地震・基礎
 天気/気象/地震・入門書
 温暖化/異常気象・気候変動
 防災/環境問題
 統計/白書/年表
 ビジュアル・図鑑・辞典
 気象/地震/火山/自然・啓蒙書
 児童書/学習教材/再入門
 自然観察/その他・啓蒙書
 学会 刊行物/テキスト/指針
 生気象/気候学
 地学
 DVD・データCD
 天気図用紙/天気図手引き
 はれるんグッズ・熱中症計
 一般書
 セール
 その他・雑貨など


0円(税込)

かごの中を見る

>>次月
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
平日営業時間11時〜19時。土曜日は16時まで営業しています。日曜・祭日は休日。2019年4月30日〜5月1・2日 10時〜16時まで営業します。

津村書店HOME PAGE
New Shopへ戻る
異常気象レポート 2014
商品名 異常気象レポート 2014
商品番号 BK-12023
価格 2,074円(税込)
数量   [売切れ]
商 品 説 明
異常気象レポート 2014 近年における世界の異常気象と気候変動〜その実態と見通し〜([)
気象庁/監修 A4版 253頁
目次
第1章 異常気象と気候変動の実態
 1.1 最近の異常気象と気象災害
  1.1.1 世界の最近の気象災害
  1.1.2 世界の最近の異常気象とその背景要因
  1.1.3 日本の最近の気象災害
  1.1.4 日本の最近の異常気象とその背景要因
   [コラム1] 異常気象発生数の算出法
   [コラム2] 個々の異常気象と地球温ようちょねつ暖化との関係
  1.1.5 異常気象に関連する大気や海洋の自然変動
  1.1.6 エルニーニョ/ラニーニャ現象
 1.2 大気・海洋・雪氷の長期変化傾向
  1.2.1 気温
   [コラム3] 生物季節現象の変化
   [コラム4] 気温上昇の停滞
   [コラム5] ヒートアイランド現象
   [コラム6] 太陽活動と気候変動
  1.1.2 降水
  1.2.3 海面水温と深層水温
   [コラム7] 海水塩分
   [コラム8] 熱塩循環
  1.2.4 海洋貯熱量
  1.2.5 海面水位
  1.2.6 海氷域
  1.2.7  積雪域
  1.2.8 十年〜数十年規模変動
 1.3 異常気象・極端現象の長期変化傾向
  1.3.1 世界の異常気象・極端現象
  1.3.2 日本の異常気象・極端現象
   [コラム9] アメダスでみた短時間強雨と大雨の発生回数の変化傾向
  1.3.3 台風活動の長期変動
   [コラム10] 竜巻と突風の変化傾向
 1.4 大気組成等の長期変化傾向
  1.4.1 大気・海洋中の二酸化炭素
  1.4.2 大気中のメタン
  1.4.3 大気中の一酸化二窒素
  1.4.4 大気中の反応性ガス及びハロカーボン類
  1.4.5 太陽放射と赤外放射
  1.4.6 エーロゾル
   [コラム11] ライダーによるエーロゾル鉛直分布の観測

第2章 異常気象と気候変動の将来の見通し
 2.1 気候変動予測と将来シナリオ
  2.1.1 気候変動予測の手法と不確実性
  2.1.2 将来予測のシナリオ
   [コラム12] 詳細な地域気候の再現手法
 2.2 大気の将来の見通し
  2.2.1 気温
   [コラム13] 古気候再現実験にみる過去の地球の気候変化
  2.2.2 降水量
  2.2.3 極端な気象現象
  2.2.4 日本付近の季節進行の変化
 2.3 海洋・氷雪の将来の見通し
  2.3.1 海面水位
   「コラム14] 変動幅の変化
  2.3.2 解氷
  2.3.3 世界の将来の積雪
  2.3.4 日本の将来の積雪
 2.4 最新の気候変動に関する研究の動向
  2.4.1 最新の気候モデルによる予測の現状
  2.4.2 エーロゾル放射強制力の不確実性
  2.4.3 雲と雲フィードバックの不確実性

付録A 気候変動とその要因
付録B 国際動向
付録C 日本国内の地球温暖化研究に関わる動向
付録D 異常気象や極端現象、気候変動に関する基本的知識

用語一覧
略語一覧
参考図
索引


Copyright (C) 津村書店. All Rights Reserved.