半角スペースで絞込み可

 気象/気候学・専門書
 地震/火山・専門書
 航空気象/海洋気象・専門書
 気象予報士試験対策
 数学/気象/地震・基礎
 天気/気象/地震・入門書
 温暖化/異常気象・気候変動
 防災/環境問題
 統計/白書/年表
 ビジュアル・図鑑・辞典
 気象/地震/火山/自然・啓蒙書
 児童書/学習教材/再入門
 自然観察/その他・啓蒙書
 学会 刊行物/テキスト/指針
 生気象/気候学
 地学
 DVD・データCD
 天気図用紙/天気図手引き
 はれるんグッズ・熱中症計
 一般書
 セール
 その他・雑貨など


0円(税込)

かごの中を見る

>>次月
2020年08月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
平日営業時間11時〜19時。土曜日は16時まで営業しています。日曜・祭日は休日。2019年4月30日〜5月1・2日 10時〜16時まで営業します。

津村書店HOME PAGE
New Shopへ戻る
商品名
商品番号 BK-21059
価格 1,980円(税込)
数量 冊   在庫数:3
商 品 説 明
小林文明 著 A5判 160ページ
古来より神様の仕業と考えられてきた雷は、積乱雲がもたらす身近な気象現象のひとつです。夏と冬で異なる日本の雷は世界的にみても珍しいといえます。本書は、落雷現象について、雷とは何か基礎知識を述べるとともに日本の最近の落雷事故事例から身の守り方を考察していきます。また、雷の発生源である雷雲はどのような条件で発生するのでしょうか。著者の最近の研究を交えながら雷雲の内部構造を解説していきます。さらに、近年の雷観測システム、最新の雷像を紹介します。

目次
基礎編
1章 雷とはなにか
 1、1 雷にまつわる話
 1、2 雷研究の歴史
 1、3 雷の種類
 1、4 世界の雷と日本の雷

2章 夏の雷と冬の雷
2、1 落雷のパターン
2、2 冬季の雷雲
2、3 一発雷の怖さ
2、4 スーパーボルト 

3章 最近の落雷事故から学ぶ 
 3、1 野外イベント会場(2012年8月18日)
 3、2 釣り(2013年7月8日)
 3、3 ビーチ(2016年7月24日)
 3、4 クラブ活動(野球グラウンド 2016年8月4日)
 3、5 花火大会(2017年8月19日) 

4章 落雷から身を守る
 4、1 直撃雷と側撃雷
 4、2 保護域とは? 
 4、3 雷しゃがみ
 4、4 雷撃もいろいろ
 4、5 落雷から身を守るウソホント 研究編5章 雷雲の発生 5.1 電荷の分離  5.2 雷雲の発生  5.3 サンダーストーム  5.4 放電過程 6章 雷の観測 6.1 落雷位置評定システム(LLS)  6.2 台風に伴う雷、竜巻に伴う雷  6.3 さまざまな雷観測  6.4 最新の雷像(積乱雲からのスプライト) コラム1 菊地博士と高橋博士(北大気象学研究室) コラム2 日本の雷発生ランキング コラム3 豪雪は18年周期?コラム4 メソスケール コラム5 落雷の破壊力 コラム6 登山中の雷(1967年8月1日) コラム7 雷鳴のゴロゴロ コラム8 積乱雲タレットの発達 コラム9 CCバブル コラム10 不安定エネルギー コラム11 気候変動と雷活


Copyright (C) 津村書店. All Rights Reserved.