半角スペースで絞込み可

 気象/気候学・専門書
 地震/火山・専門書
 航空気象/海洋気象・専門書
 気象予報士試験対策
 数学/気象/地震・基礎
 天気/気象/地震・入門書
 温暖化/異常気象・気候変動
 防災/環境問題
 統計/白書/年表
 ビジュアル・図鑑・辞典
 気象/地震/火山/自然・啓蒙書
 児童書/学習教材/再入門
 自然観察/その他・啓蒙書
 学会 刊行物/テキスト/指針
 生気象/気候学
 地学
 DVD・データCD
 天気図用紙/天気図手引き
 はれるんグッズ・熱中症計
 一般書
 セール
 その他・雑貨など


0円(税込)

かごの中を見る

>>次月
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
平日営業時間11時〜18時。土曜日は16時まで営業しています。日曜・祭日は休日。

津村書店HOME PAGE
New Shopへ戻る
気象ブックス043 レーダで洪水を予測する
商品名 気象ブックス043 レーダで洪水を予測する
商品番号 BK-22301
価格 2,160円(税込)
数量 冊   在庫数:10
商 品 説 明
中尾忠彦 著/A5判 192ページ
 河川の洪水や氾濫を予測するための技術を紹介。川に流れる水は、その地に降った雨よりも上流から流れてきたものの集積が主である。そのため、河川の上流の降雨と、現地の水位変化の予測が求められる。そのためには、地上に降った雨を測る雨量計よりも、これから降りそうな雨量を予測するレーダ雨量計が有効であり、本書ではその仕組みと活用法を中心に解説する。
氾濫の予測と浸水区域の推定、避難勧告の判断要素など、非常時の行動をまとめ、平時の対策として、ハザードマップの作り方と読み方などを解説。

【目次】
第1章 レーダ情報で命を守る
1.1 地形を見る 集水域
   上流の見えない川
   トンネル河川
   立体地形図の応用 呑川の例
1.2 水害のかたち
   氾濫被害を受ける原因とその状況
1.3 レーダ雨量情報を活用する
   XRAINでレーダに慣れる
   レーダ情報の見方
1.4 突発的な集中豪雨時のレーダ雨量計観測状況
   2008年7月神戸市都賀川の水難事故
   2008年7月の東京都大田区呑川の場合
1.5 線状降水帯など長時間続いた豪雨の観測
   1998年栃木・福島豪雨の例
   2009年8月の兵庫県佐用町の場合
   2014年8月広島豪雨の例
   コラム 土砂災害の予測

第2章 レーダ雨量計の原理と特性
2.1 レーダ雨量計の原理
   Cバンドレーダ
   Xバンドレーダ
   従来型レーダの観測方式
   キャリブレーション
   ビーム高度
   従来型レーダの合成
   新型マルチパラメータレーダ
   マルチパラメータレーダの合成
   フェーズドアレイレーダなど
2.2 レーダ雨量計の特性と運用
   空中と地上の違い
   レーダによる集水域平均雨量
   ダイナミックウインドウ法によるレーダのキャリブレーション
   キャリブレーションに要する時間
2.3 レーダの優位性
   高い空間・時間解像度の観測
   地上雨量計が少ないか、存在しない場合
   コラム レーダ雨量計の開発

第3章 水防と早期避難のための洪水予測
3.1 洪水予測の手法
   日本の水文観測網
   流域
   洪水予測の基準点
   予測のリードタイム
   点の予測から線の予測へ
   面の予測
3.2 流量の予測
   降雨予測
   累加雨量の推定と予測
   線状降水帯の予測
   分布型流出モデル
3.3 水位の予測
   雨量からの直接予測
   水位予測に求められる精度
   水位流量曲線
   結果の解釈
3.4 情報の伝達
   電話
   ファクシミリ
   ICT技術
   放送
   コラム 世界の河川の洪水流量
3.5 洪水予測システムの実際 レーダ雨量計情報を利用したアラームメールシステム
   淡水河の洪水予報システム
   レーダ雨量計データを用いた分布型洪水予測システム
   チャオプラヤ川の緊急洪水予測システム
   画面の設計
   他の地方への展開
   IFASによるインダス川本川上流域の洪水予報
   コラム 避難は明るいうちに

第4章 洪水ハザードマップ
4.1 ハザードマップを作るときの技術的な問題 ハザードマップの仮定
4.2 地形からハザードを予見し、長期的な対応を考える
  2016年8月岩手県岩泉町小本川の洪水
   長期的な洪水対策
   国土地理院のメッシュ標高地図の活用
   コラム ハザードマップの想定
4.3 分家の災害から考える危険を認識した住まい方


Copyright (C) 津村書店. All Rights Reserved.